東海道・山陽・九州新幹線の概要について

東海道・山陽・九州新幹線とは、東京駅~新大阪駅~博多駅~鹿児島中央駅を結ぶ路線です。東京~新大阪間が東海道新幹線、新大阪~博多間が山陽新幹線
博多~鹿児島中央間が九州新幹線です。それぞれ、JR東海、JR西日本、JR九州の3事業者によって運行されています。

各路線の特徴について

東海道新幹線は特にビジネス輸送を念頭に置いていることから、平日の利用が非常に多い路線です。年末年始などの期間以外では、金曜日の夕方が最も混雑します。また、月曜日や連休明けの上り方向もかなり混雑します。山陽・九州新幹線は、ビジネス輸送も多々ありますが、観光路線としての役割もあり、車両にも輸送力より快適性に力を入れているものがみられます。 具体的には、東海道新幹線を走る車両は、すべて16両編成1323席という原則があります。これは輸送力が段違いということもありますが、ダイヤ乱れが発生した場合に、ただちに別の車両で代走させることもできるため、影響を最小限に抑える役割も果たしています。一方、山陽・九州新幹線を走る車両は、そのような制約がなく、輸送密度も東海道新幹線ほど高くないことから、8両編成で指定席の快適性を高めた車両が主軸として活躍しています。

列車種別について

東海道・山陽新幹線には以下の6つの列車種別があります。

のぞみ(東海道・山陽新幹線)
みずほ(山陽・九州新幹線)

ひかり(東海道・山陽新幹線)
さくら(山陽・九州新幹線)

こだま(東海道・山陽新幹線)
つばめ(山陽・九州新幹線)

のぞみ

のぞみは、東海道・山陽新幹線の主力列車で、全ての列車が16両編成で運行されています。自由席は1号車~3号車で、停車駅は主に、東京・新横浜・名古屋・京都・新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多です。近年ではひかりの減便もあり、それを補完する役割として、山陽区間の姫路・福山・徳山・新山口にも
それぞれ毎時1本程度の列車が停車しています。また、速達によるサービス料として、指定席を利用すると「のぞみ料金」が加算される列車です。

みずほ

みずほは、山陽・九州新幹線を直通する列車の愛称であり、山陽・九州新幹線の主要駅を最速達で結ぶ列車にのみ、この名前がつけられます。自由席は1号車~3号車で、停車駅は、新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多・熊本・鹿児島中央です。一部の列車は、姫路、久留米、川内にも停車します。全てN700系8両編成での運転となります。この列車も速達によるサービス料として、山陽区間で指定席を利用すると「みずほ料金」が加算されます。加算額はのぞみの指定席と同額です。

ひかり

ひかりは、準速達タイプの列車で、のぞみが停まらない駅を補完する役割を持った列車です。東海道新幹線を運行するひかりは、全て16両編成であり、一部は山陽新幹線まで運行しています。16両編成のひかりの自由席は1号車~5号車で、停車駅は、のぞみ停車駅に数駅が追加されたものとなります。山陽新幹線内のみを運行する「ひかり」は現在はわずかしか存在せず、基本的には「こだま」の補完として細々と走る存在となっています。

さくら

さくらは、山陽・九州新幹線を運転する列車の愛称であり、山陽・九州新幹線の準速達列車としての位置づけにあります。自由席は1~3号車で、山陽新幹線では、のぞみ、みずほの停車しない駅の補完を担っている列車でもあります。
N700系8両編成での運転が多いですが、九州新幹線で完結するさくら号には、800系が使用されることもあります。

こだま

こだまは、各駅停車タイプの列車で、東海道新幹線と山陽新幹線で運行形態が分かれています。東海道新幹線を運行するこだまは、全て16両編成ですが山陽新幹線内を運行するこだまは、8両編成の車両が多く使用されます。自由席のパターンは16両であれば1~7、13~15号車で、グリーン車以外全て自由席の列車も存在します。

つばめ

つばめは、九州新幹線の各駅停車タイプの列車です。 800系が主に使用されますが、N700系8両編成が使用される列車もあります。

種別ごとの停車駅表

※凡例 ◎:全列車停車 ○:一部列車停車 ●:ごく一部の列車が停車
駅名のぞみみずほひかりさくらこだまつばめ
東京
品川
新横浜
小田原
熱海
三島
新富士
静岡
掛川
浜松
豊橋
三河安城
名古屋
岐阜羽島
米原
京都
新大阪
新神戸
西明石
姫路
相生
岡山
新倉敷
福山
新尾道
三原
東広島
広島
新岩国
徳山
新山口
厚狭
新下関
小倉
博多
新鳥栖
久留米
筑後船小屋
新大牟田
新玉名
熊本
新八代
新水俣
出水
川内
鹿児島中央

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です