東海道・山陽新幹線『のぞみ』の停車駅や自由席、運行パターンを解説(2019年9月)

「のぞみ」は、東海道・山陽新幹線の最速達列車に与えられる列車種別です。ビジネス需要に重きを置いており、東京~新大阪間の東海道新幹線区間では、航空機との競合もあることから、停車駅を完全に固定して高密度運転に対応しています。一方、新大阪~博多間の山陽新幹線区間では、東海道と比較して列車密度が落ちるため、停車駅は完全には固定されていません。また、車両は16両編成で東海道新幹線に乗り入れ可能とされている車両しか使われません。(災害などの異常時で山陽区間のみ運行する特発列車が運行されるときはこの限りではない)

他の列車種別に関しては、以下のページをご覧ください。

東海道・山陽新幹線『ひかり』の停車駅や自由席、運行パターンを解説(2019年9月) 東海道・山陽新幹線『こだま』の停車駅や自由席、運行パターンを解説(2019年9月)

「のぞみ」の停車駅と所要時間は?

東海道新幹線区間と山陽新幹線区間で特徴があります。東海道区間では、東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪の6駅にしか停車しませんが、山陽新幹線区間では、主要駅に加えて中堅クラスの駅にも1時間に1本程度停車して乗客を拾っています。定期列車のダイヤは、東京発毎時10分発が福山停車。30分発が新山口停車(稀に徳山停車)。50分発が姫路に停車するのが基本となっています。また、臨時列車は比較的新山口駅に停車することが多いようです。

「のぞみ」の主な区間の所要時間

のぞみ号の主な区間の所要時間と停車駅は以下の通りです。

  • 東京⇔名古屋 約1時間40分
  • 東京⇔新大阪 約2時間30分
  • 東京⇔岡山  約3時間15分
  • 東京⇔広島  約4時間
  • 東京⇔博多  約5時間
  • 名古屋⇔博多 約3時間20分
  • 新大阪⇔博多 約2時間30分

「のぞみ」の停車駅

Tokyo
東京
全列車停車
↓約7分
Shinagawa
品川
全列車停車
↓約12分
Shin-Yokohama
新横浜
全列車停車
↓約80分
Nagoya
名古屋
全列車停車
↓約37分
Kyoto
京都
全列車停車
↓約13分
Shin-Osaka
新大阪
全列車停車
↓約13分
Shin-Kobe
新神戸
全列車停車
↓約13分
Nishi-Akashi
西明石
朝上り1本、夜下り1本のみ停車
↓約9分
Himeji
姫路
毎時1本程度停車
↓約20分
Okayama
岡山
全列車停車
↓約17分
Fukuyama
福山
毎時1本程度停車
↓約23分
Hiroshima
広島
全列車停車
↓約22分
Tokuyama
徳山
2時間に1本程度停車
↓約14分
Shin-Yamaguchi
新山口
1時間に1本程度停車
↓約20分
Kokura
小倉
全列車停車
↓約15分
Hakata
博多
全列車停車

のぞみの運行パターンは?

始発駅と行先を確認!新大阪始発の「のぞみ」の時間はこれだ

東海道新幹線区間では、定期列車が毎時4本設定されています。このほかに、乗客が多くなると見込まれるときには臨時列車が設定されます。平日は東京⇔新大阪間の臨時列車が多く、週末や連休中などは、東京⇔博多・広島間の臨時列車が多く設定されます。これら臨時列車を含めて、1時間に最大10本ののぞみ号が運転されています。

日中の東京駅と新大阪駅を基準に、以下の通り表にまとめてみました。
特に、新大阪始発ののぞみに関しては、自由席を狙う上でも重要です。

日中帯の東京基準 下り新大阪方面の運行パターン
  1. 毎時00分発 ⇒ 新大阪行
  2. 毎時10分発 ⇒ 博多行(福山停車)
  3. 毎時13分発 ⇒ 博多・広島・新大阪行(臨時・行先は日による)
  4. 毎時20分発 ⇒ 新大阪行(臨時)
  5. 毎時23分発 ⇒ 新大阪行(臨時)
  6. 毎時30分発 ⇒ 博多行(新山口または徳山停車)
  7. 毎時40分発 ⇒ 博多・広島・新大阪行(臨時・行先は日による)
  8. 毎時47分発 ⇒ 新大阪行(臨時)
  9. 毎時50分発 ⇒ 広島行(姫路停車)
  10. 毎時53分発 ⇒ 新大阪行(臨時)

初心者さん

こうやって見てみると臨時列車ばっかりなんだ。
臨時列車が走ってない時間帯を探す方が難しいんだけどね。乗客数の予測にあわせて柔軟に列車本数を設定できるようにしてあるんだ。ただ、臨時列車が走っていない日でも、ひかり号やこだま号は走っていない臨時列車のスジ(ダイヤ)に沿って退避をしなければならないので、割を食っているんだが…。

駅員X

初心者さん

のぞみ様、という感じ?静岡県がのぞみ通過税を徴収する!というのも分かる気がする…。
リニアが完成した暁には、静岡県に停まる列車は確実に増えるだろうから、それまでの辛抱かもしれないな。

駅員X

日中帯の新大阪基準 上り東京方面の運行パターン
  1. 毎時06分発 ⇒ 東京行(博多始発)
  2. 毎時10分発 ⇒ 東京行(臨時・新大阪始発
  3. 毎時13分発 ⇒ 東京行(臨時・新大阪始発
  4. 毎時20分発 ⇒ 東京行(広島始発)
  5. 毎時23分発 ⇒ 東京行(臨時・新大阪始発
  6. 毎時33分発 ⇒ 東京行(臨時・博多・広島・新大阪始発)
  7. 毎時40分発 ⇒ 東京行(博多始発)
  8. 毎時46分発 ⇒ 東京行(臨時・新大阪始発
  9. 毎時53分発 ⇒ 東京行(定期・新大阪始発
  10. 毎時56分発 ⇒ 東京行(臨時・博多・広島・新大阪始発)

初心者さん

よく言われる、新大阪駅からは新大阪始発の列車に乗った方がいいってやつだね。見てみると半数以上は新大阪始発なんだ。
毎時1本の定期列車がある以外は、全部臨時列車だから運転日には気を付けないといけないがな。

駅員X

初心者さん

33分発と56分発の列車は日によって始発駅が違うってこと?新大阪始発だと思ったのに博多始発だったってこともあり得るのか。
その通り。日によって違う列車番号で走っているので注意が必要だ。頭1桁が2か3か4なら、新大阪始発だ。列車番号については、以下の記事が詳しいぞ。

駅員X

知って得する東海道・山陽・九州新幹線の列車番号の規則について

のぞみの自由席は?

のぞみ号の自由席は、1号車から3号車です。すべてののぞみ号に、自由席が設定されています。1号車は、博多寄りの先頭車となっていますので、博多方面に行く場合は、前から3両。東京方面に行く場合は、後ろから3両です。自由席に座る場合のテクニックは、以下の記事で紹介していますので参照してください。

新幹線の自由席に座るコツ。自由席の混み具合や対策について徹底解説!

のぞみの料金って高いの?

指定席を取る場合、ひかりやこだまの指定席と比較してのぞみ料金として210円~620円の追加料金がかかる分高くなります。自由席に乗る場合は、ひかりやこだまと変わらない料金で乗車可能です。

新幹線「のぞみ」についてのまとめ

ここまで、のぞみの停車駅や運行パターン、料金などについて解説してきました。東海道新幹線では完全に固定である停車駅が、山陽新幹線では選択停車となる駅があるため、山陽新幹線(姫路、福山、徳山、新山口)を利用する際には必ず乗車する列車が停車するかを確認しましょう。また、新大阪駅においては、新大阪駅が始発となる東京行き「のぞみ」の時間について解説をしました。新大阪から乗車するのであれば、新大阪始発列車を狙わない理由はありません。しっかり列車を選んで、快適な「のぞみ」の旅をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です