新幹線での新型コロナ感染リスクは?

EX予約グリーンプログラム。特例によるポイント有効期限延長の注意点など

2020年6月末の失効分は2021年6月末まで期限が延長されます

グリーンプログラムとは、エクスプレス予約のポイントサービスで、利用した区間や距離に応じてポイントが加算され、一定以上のポイントを溜めることで、普通車の料金でグリーン車に乗車することができるサービスです。

基本的な仕組みや、賢い使い方は以下の記事が詳しいので、そちらをご覧いただければと思います。

エクスプレス予約のグリーンポイントを無駄にしないための賢い使い方

この記事で紹介するのは、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、2020年6月末までが有効期限となっているグリーンポイントの有効期限が1年間延長され、2021年6月末までとなる件についてです。

参考 新型コロナウイルスの影響に伴うグリーンプログラムの特典利用期間延長についてEX予約公式

期限の延長はされるが注意が必要

注意点その1:ポイントは2020年6月末で失効し「再付与」される

システムの仕組み上だと思いますが、2020年6月末日が有効期限となっているポイントは、6月30日の23:30をもって、一旦失効します。そして、7月以降に再度付与される事となりますが、これが問題になる可能性があるため注意が必要です。公式サイトの文面を引用すると以下のように記載されています。

2020年7月以降概ね1か月の間に、同数のポイントを、2021年6月末まで有効のポイントとして改めて自動的に加算します。

これが意味することは、6月30日で失効したポイントは、7月1日から直ちに有効になるわけではない。ということです。

通常の処理において失効したポイントは、恐らく夜間に行われるシステムの臨時の処理で失効分を再付与という流れになると思われます。多くの会員を抱えるエクスプレス予約においては、その再付与の処理がおそらく一日では追い付かず、数日かけて行われることを想定しているために、このような書き方になっていると思われます。

つまりどういう事かと言うと、延長されたグリーンポイントを使うために、7月1日になってからグリーン車を予約したくても、失効分の再付与がされてからでないと予約できないという状況もありえる。ということです。

注意点その2:期限が延長されるのは2020年6月末日時点で600ポイント以上ある場合

これも紛らわしいので注意が必要ですが、2020年6月で失効する分と2021年6月末までの有効分が合算で600ポイント以上あれば、延長の対象となります。つまり、2020年6月で失効するポイントが400ポイントあり、2021年6月まで有効なポイントが200ポイントあれば、400ポイント分が2021年6月までのポイントとなります。

2020年6月末時点で合計で600ポイントに満たない場合、延長することはできません。これも多分システムの都合だとは思いますが、臨時での再付与処理を少しでも軽減するための苦肉の策と思われます。

2020年6月末時点でポイント残高の合計が600ポイント以上の会員様

※ポイント残高は2020年6月末まで有効のポイントと2021年6月末まで有効のポイントの合計です。

※2020年6月末時点でポイント残高の合計が600ポイント未満の会員様は、2020年6月末までのポイントが失効となります。ご了承ください。

EX予約公式サイトより

注意点その3:自分での手続きは不要

この延長のサービスを利用する場合、個人での手続きは不要です。サイトに明記はされていませんが、2020年6月末までのポイントを使って7月以降の列車を仮予約したものの、その後不要となって払い戻しや普通車への変更を余儀なくされた場合、使用した2020年6月末までのポイントは、消滅する可能性があります。

特に明記はされていませんので、実際にどうなるのかは不明ですが、急ぎの予約でなければ7月以降、再付与処理がされてから予約をすることをおすすめします。

グリーンポイント期限延長についてのケーススタディ

事例1:失効予定だったポイントで7月中旬に乗車したい

結論:6月中に予約しておくことが望ましい。

初心者さん

6月30日時点で、600ポイントある場合はどうなるの?7月中旬頃にグリーン車を使おうかなと思ってるんだけど…。
何もしなくてもいい。7月1日以降、1か月以内に再度600ポイントが付与されるはずだ。ただし、いつになるかは分からないので、7月中旬にグリーン車を使いたいのであれば、6月中に予約しておいたほうが安全だ。

駅員X

初心者さん

あ、そうか。再付与までにはタイムラグがあるんだっけ。
その通り。いったん予約した後でも、初回予約日から3か月以内までなら、何度でも変更できるから、予定自体が確実なのであれば今のうちに予約しておくべきだ。

駅員X

事例2:失効予定だったポイントがあるが、いつ乗車するかわからない

結論:7月の再付与まで待つべき

初心者さん

6月30日時点で、失効予定だった800ポイントとあわせて、合計1200ポイントあるんだけど…。
何もしなくてもいい。7月1日以降、1か月以内に再度800ポイントが付与されるはずだ。乗車予定が無いなら、とりあえずそのままにしておこう。

駅員X

事例3:失効予定だったポイントがあるが、お盆休みに使いたい

結論:6月中に「仮」予約しておくことが望ましい。

初心者さん

6月30日時点で、失効予定だった800ポイントとあわせて、合計1200ポイントあって、元々はお盆まで引き延ばして使おうと思ってたんだけど。
難しい質問だな。公式サイトは、7月以降概ね1か月と言っているが、いつ付与されるかはわからない。7月上旬のうちに付与されることもあれば、7月31日になる可能性だって無いわけではない。

駅員X

初心者さん

7月31日だったら、お盆の1か月前発売には間に合わないじゃん!
コロナで利用減少があったとはいえ、移動制限が解除された今、お盆に帰省しようと思ってる人は多いだろう。せっかくの帰省に使えないんでは勿体ないので、とりあえず6月30日までに、1か月先の分をポイント使用のうえ「仮予約」しておくのはどうだろう。

駅員X

初心者さん

なるほど、とりあえず先の列車を仮で抑えておいて、予約の変更でお盆の本命列車を抑えるってことか!

グリーンポイントの期限延長はありがたいが気を付けるべき

ここまで、新型コロナウィルス感染拡大に伴う、EX予約グリーンプログラムの特例によるポイント期限の延長と、その注意点などについてまとめてみました。

ポイントの延長は、コロナによって利用の機会が失われたユーザーが多くいる中、このような対応がとられたことは歓迎するべきでしょう。ただし、仕組みとしては、主にシステムの都合でしょうが、使い方によっては穴がある対応となっています。ここで記載したような点に注意したうえで、無駄なくポイントを使ってコロナ明けの旅行を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です