新幹線での新型コロナ感染リスクは?

Go Toトラベルキャンペーン 新幹線を使った旅行も格安に?

※2020年7月30日現在の情報です。随時更新します。
※7/15 「地域限定クーポン」が開始されるまでの期間は実質35%割引である旨追記しました。
※7/25 旅行後の補助金の還付申請方法について追記しました。

重要なお知らせ
7月22日からのGo To トラベルキャンペーンにおいて、東京を発着とする旅行については、キャンペーンの対象外となることが発表されました。(7月16日)
重要なお知らせ2
新型コロナウィルスの感染拡大に伴って、東京都以外の道府県がキャンペーン適用対象外となった場合、既に予約済みであっても、割引分の料金は利用者が負担(つまり、通常の料金)となる方針であるとの報道がありました。今後、利用される方は動向にご注意ください!(7月30日)

「Go To トラベルキャンペーン」はいつから始まる?

7月22日出発分からキャンペーン開始

新型コロナウイルスの流行に収束の兆しが見えない中、東京都を発着とする旅行を除き、宿泊や日帰りの国内旅行代金の50%(最大2万円まで)を補助する「Go Toトラベルキャンペーン」が始まりました。消費を喚起するための施策として、複数あるGotoキャンペーンの一環です。

ここしばらくは東京都を中心とした首都圏で感染が拡大しているようにも見えますが、観光業に致命的な打撃をもたらした新型コロナウイルスからの復興を一刻も早く進めるべく、7月22日出発分から予定通りのスタートとなりました。

支援の対象となる国内旅行と割引(支援)額について

観光庁のWebサイトによると、補助金の対象は以下の条件を満たす旅行のようです。

・国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。

・支援額の内、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。

・一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。

・連泊制限や利用回数の制限なし。

国土交通省 観光庁のWebサイトから引用
注意!
「地域共通クーポン」は、9月1日以降から別途実施されます。それまでは単純に旅行代金が35%割引となるだけで、実質50%の補助は出ないため注意してください。 以下、観光庁のQA集より抜粋しました。

地域共通クーポンを含めた本格実施までは、旅行代金の割引を先行的に開始するとのことだが、その場合の支援額はどうなるのか。

旅行代金の35%割引となる(旅行代金の1/2相当額×7割)。

では、新幹線を使った旅行はどのようにこのキャンペーンを適用したらよいのでしょうか。

新幹線も「Go To トラベルキャンペーン」で安くなる?

新幹線のみの利用では安くならない

Go To トラベルキャンペーンは、基本的に旅行会社などで申し込んだ旅行商品が対象となります。つまり、新幹線を使った旅行に適用しようと思った場合、新幹線と宿泊がセットになったプランが対象となり、個人的にエクスプレス予約やスマートEX等のインターネット予約できっぷを購入した場合、それは補助金の対象外となります。

ただし、Go Toトラベルキャンペーンにあわせて、政府のキャンペーンとは別にインターネット予約等にもお得なサービスを打ち出している会社もあるので、いずれにしても旅行に安く出かけるチャンスであるといえます。

新幹線における割引適用可否と割引額について

新幹線を使った旅行において、Go To トラベルキャンペーンにおける割引を適用できるかを、表にまとめました。8月までは、旅行代金からの35%割引のみ。9月以降(詳細は未定)は、35%の割引と、15%分の「地域共通クーポン」が付与され、実質50%の割引となります。旅行代金から50%が割り引かれるわけではないことに注意してください。

先ほど、原則で説明した通り、個人で新幹線のきっぷを購入するだけでは、割引となりません。ただし、キャンペーンを実施しているホテル予約サイト等からホテルを予約した場合、その料金については割引となります。

また、旅行会社経由で旅行商品(新幹線とホテルのセットが大半)を申し込んだ場合、その旅行総額から35%が割り引かれ、9月以降であればさらに15%分、地域共通クーポンが付与されることになります。

7月22日以降の旅行でもすぐに対応できない場合もある

準備期間が短いため、システム改修などが追い付かずにすぐに適用できない場合もあるようです。その場合、事後申請を行うことで還付されるとのことです。とはいえ、事後に申請を行うのも、証拠書類等の提出が必要であるため、なるべく避けたいところです。

「割引販売による対応の準備が整った事業者については、観光庁HP等でお知らせする予定」と、観光庁のWebサイトには記載があるため、予め対応した事業者で商品を購入するのが無難だと思います。

初心者さん

何か分かりにくいような…。
急造の仕組みだから、なかなか細かいところまで行き届いていない印象だ。対応に追われる事業者の方は、旅行客が増えることは歓迎だろうが、システム改修など短期間ではなかなか大変だろうな。

駅員X

割引の対象となるのは「登録申請」して対象となった事業者のみ

7月22日より先行して始まったキャンペーンで、既に旅行に行かれた方も多いかと思います。しかし、宿泊業者や旅行業者がキャンペーンへの登録申請を行い、承認された事業者の商品のみが割引の対象となることに注意が必要です。

Go To トラベルでの還付申請方法(7/25追記)

7月25日現在、観光庁のWebサイトには還付申請について以下のように案内されています。還付のパターンには旅行会社を通じた旅行であるか、個人で宿泊施設を手配した旅行であるかで異なるため、注意が必要です。

事業開始前に既に予約を行っていた場合など、割引価格での旅行商品の購入ができなかった旅行者の方は、一定の場合には、旅行後に、割引分を還付申請することができます。

旅行者の方による還付申請は、還付取扱要領に基づき、8月14日(金)以降に受け付けることを予定していますので、今しばらくお待ちください。

観光庁Webサイトより引用

還付申請方法1:旅行会社で旅行手配した場合

旅行会社で旅行手配した場合は、旅行者側は利用した旅行会社に対して申請を行います。この場合、利用者としては旅行会社に申請をするだけで、実際の事務局への申請は旅行会社が行うため、旅行者側ではそれほど手間はかかりません。

還付申請方法2:個人で宿泊施設のみを手配した場合

個人で宿泊施設のみを手配した場合は、旅行者から事務局に対して還付申請を行う必要があります。様式は、段落末尾の参考リンクの先(事後還付手続きに必要な各種様式の例)より入手することができます。

いずれにしても、旅行会社で手配したものにくらべ、非常に申請の手間がかかるということが分かります。

旅行者は以下の書類を提出することにより、事務局に還付申請を行ってください。

① 還付申請書(様式第 1 号)

② 支払内訳がわかる書類(支払内訳書、支払内訳が記載された領収証等)

③ 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数が記載されているもの)

④ 個人情報の取扱いに関する同意書(様式第 2 号)

⑤ 口座確認書(旅行者用)(様式第 3 号の1) ※旅行者本人名義の口座番号であること

⑥ 前項目に掲げる書類のほか申請に係る旅行の事実を確認するために必要な書類として事務局が指定するもの

観光庁Webサイトより引用
参考 Go To トラベル事業関連情報 観光庁

JR系列各社の動きについて

注意!
「地域共通クーポン」の配布が開始される9月1日(予定)までは、旅行代金の35%引きのみとなります。残りの実質15%分の補助はありませんので注意してください。

東海道新幹線(東京~新大阪間のJR東海エリア)について

JR東海の運営する東海道新幹線の区間では、JR東海が主導で「ひさびさ旅割引」と称して、新幹線とホテルがセットになったプランを多く発売しています。調べてみると、名古屋~東京間で新幹線とホテルがセットで13,000円台からと、普通に新幹線に乗車するよりも割安に旅行することが可能です。

ここに7月22日以降出発分は、Go To トラベルキャンペーンの特典がつくことになります。仮に15,000円のプランなら実質7,500円(地域共通クーポンの配布が開始された場合)の補助が受けられるため、実質、通常の新幹線往復の運賃+料金のおよそ3分の1程度の料金で東京まで往復でき、更にホテルまでついてくるという至れり尽くせりの状態になっています。

以下のサイトは、東海道新幹線を利用して旅行を計画している人は要チェックです。また、Gotoの対象から外された東京発着のプランもあります。Gotoの補助金の対象外ではあるものの、かなり安価です。

参考 Go Toトラベル攻略 JR東海

山陽新幹線(新大阪~博多間のJR西日本エリア)について

公式サイトには案内がありませんが、JR西日本系列の「日本旅行」においては、7月14日以降、順次対象の商品を掲載するとのことです。

8/9時点で、特設サイトが開設されており、Goto対象となる商品が販売されています。

参考 Go To トラベル キャンペーンでお得に国内旅行 日本旅行

東北・上越・北陸新幹線等(JR東日本エリア)について

JR東日本エリアでは「びゅうトラベル」が、新幹線やJRを使ったお得なツアーを発売しています。Go To トラベルキャンペーン対象商品については、7月15日現在、準備中とのことです。

8/9時点で確認したところ、特設サイト上でGoto対象となる商品が販売されています。

参考 Go Toトラベルキャンペーン びゅうトラベル

JR東日本は「えきねっと」で新幹線単独の割引を準備

これはGo Toトラベルキャンペーンではありませんが、キャンペーンにあわせて「お先にトクだ値スペシャル」が発売されます。これは、JR東日本のネット予約「えきねっと」専用で、特定の新幹線の運賃・料金が半額になるという商品です。Gotoキャンペーンでは、新幹線単独の商品は割引となりませんが、JR東日本では新幹線単独の割引を独自に用意してくれています。

「えきねっと」で割引されたきっぷを購入するなら、以下の記事も参考にしてみてください。

「えきねっと」で東北新幹線を格安で予約するためのコツと基本知識について

2021年3月31日(水)乗車分まで発売されることが決まっていますので、この夏!と慌てなくても利用するチャンスはあるかもしれません。単純な帰省などで、ホテルなどを利用しなくてもよい人によっては、このようにインターネット予約の割引は非常にありがたいところ。

ただし、お先にトクだ値スペシャルは、以前設定された際に半額の割引は発売後すぐに売り切れ、購入するのは至難の業でした。今回も同等の数量の発売なら、購入難易度は高いものと思われます。

参考 お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき) JR東日本

まとめ:新幹線でGo Toトラベル!格安の恩恵を受けるなら

ここまで、新幹線におけるGo Toトラベルキャンペーンへの対応などについて見てきました。割引の条件は、旅行会社やホテル予約サイトを通じて予約することが原則で、個人手配の新幹線は割引にならないことに、十分に注意するようにしてください。

基本的には新幹線とホテルがセットになったプランがお得!

新幹線の単体での購入は基本的に割引はありませんが、新幹線とホテルとセットになった旅行商品においては、通常価格の実質3分の1程度の金額で新幹線での往復が可能で、さらにはホテル宿泊までついてくる状況になっています。

旅行商品なので、乗り遅れたり変更の自由が利かない事には注意するべきですが、上手に利用できれば、活用しない手はないでしょう。

新幹線を個人手配した場合でも宿泊だけは割引となる

新幹線に乗車する時間などが未定の場合など、新幹線は自分でインターネット予約、もしくは駅窓口で購入し、宿泊のみを旅行会社やホテル予約サイトで手配する場合、宿泊費用については割引対象となります。セットプランと比較すると、旅行総額からの割引額は小さくなりますが、直前の変更なども比較的柔軟に対応することが可能のはずです。

新幹線を個人手配した日帰り旅行は割引されない

旅行会社を通した日帰りツアーは割引の対象となる商品もありますが、単純に新幹線を個人手配した場合は割引の対象外となります。

ただし、Go To トラベルキャンペーンにあわせて発売されるJR各社の割引きっぷなどが登場することも予想されますので、新幹線の切符だけを割引価格で購入したい場合は、JR各社のWebサイトなどをチェックするようにしてみてください。

旅行へ行くなら新型コロナの感染対策を万全に!

言うまでもありませんが、旅行に行くのであれば新型コロナウィルスへの対策は当然の義務になるかと思います。新幹線を使って旅行をするのであれば、以下の記事に新幹線でのリスクについてまとめましたので、参考にしてみてください。

新型コロナ 新幹線での感染リスクを減らすためには?

初心者さん

この夏は、Go Toトラベルキャンペーンを利用しつつ、新型コロナウイルスに気を付けて旅行する…のもアリかな?
人の多いお盆に出かける人は、感染症対策を万全に。

駅員X

初心者さん

かからない、というより、自分から広めない。ということも意識しなきゃね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です