新幹線での新型コロナ感染リスクは?

Go Toトラベルキャンペーン 新幹線を使った旅行も格安に?

※2020年11月14日現在の情報です。随時更新します。

目次

「Go To トラベルキャンペーン」の実施期間は?

7月22日出発分からキャンペーン開始

新型コロナウイルスの流行に収束の兆しが見えない中、宿泊や日帰りの国内旅行代金の50%(最大2万円まで)を補助(東京都は10月1日旅行開始分から補助対象)する「Go Toトラベルキャンペーン」が始まりました。消費を喚起するための施策として、複数あるGotoキャンペーンの一環です。

新型コロナウイルス感染症の拡大は、夏にかけて「第二波」といえる状態が続いていましたが、ここしばらくは感染が縮小傾向にあります。観光業に致命的な打撃をもたらした新型コロナウイルスからの復興を一刻も早く進めるべく、東京都を発着としない旅行については、7月22日出発分から、東京都を発着とする旅行も、10月1日出発分よりスタートしています。

いつまで実施するのかは明確ではない

11月14日時点で、終了の時期は明確に発表されていません。予算が尽き次第、終了となります。一部では、当初予定が2021年1月31日宿泊分までと書かれていますが、これはあくまで当初の目安であり、予算がある限り続けるということが観光庁のQ&Aに記載されています。

商品としては1月31日宿泊分までの販売しかされていない場合でも、今後は2月以降の商品も増えていくものと思われます。ただし、予算枠が増額されているわけではないと思われるので、予算が尽きるまでというスタンスに変更はないと思われます。

支援の対象となる国内旅行と割引(支援)額について

観光庁のWebサイトによると、補助金の対象は以下の条件を満たす旅行のようです。

・国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。

・支援額の内、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。

・一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。

・連泊制限や利用回数の制限なし。

国土交通省 観光庁のWebサイトから引用
注意!
「地域共通クーポン」は、10月1日旅行開始分から付与されます。それまでは単純に旅行代金が35%割引となるだけで、実質50%の補助は出ないため注意してください。 以下、観光庁のQA集より抜粋しました。

地域共通クーポンを含めた本格実施までは、旅行代金の割引を先行的に開始するとのことだが、その場合の支援額はどうなるのか。

旅行代金の35%割引となる(旅行代金の1/2相当額×7割)。

では、新幹線を使った旅行はどのようにこのキャンペーンを適用したらよいのでしょうか。

新幹線も「Go To トラベルキャンペーン」で安くなる?

Go To トラベルは、原則として新幹線のみの利用は安くならない

個人的にエクスプレス予約やスマートEX等のインターネット予約できっぷを購入した場合、それはGotoトラベルの適用対象外となります。

新幹線だけの利用では原則として割引の恩恵はありませんが、宿泊を個人手配した場合は、宿泊分についてGotoトラベルを適用することが可能です。通常の旅行商品よりは割引額は当然落ちますが、時間の自由がきかない場合などにおすすめです。

また、Go Toトラベルキャンペーンにあわせて、政府のキャンペーンとは別にインターネット予約等にもお得なサービスを打ち出している会社もあります。

旅行会社の「旅行商品」であれば、一部を除き新幹線代も割引される

Go To トラベルキャンペーンは、基本的に旅行会社などで申し込んだ旅行商品が対象となります。旅行商品に対しては、新幹線などの交通費含む全額に対して割引が適用されます。ただし、GoToトラベルの目的としては、旅行先にお金を落として経済効果を生む事が期待されているため、交通費のみの商品は対象外となります。

つまり、新幹線部分にもGo To トラベルキャンペーンの割引を適用しようと思った場合、新幹線と宿泊がセットになったプラン、または日帰り旅行において「新幹線」+「レジャー」を含むプランが対象となります。詳しくは、旅行商品を取り扱う旅行会社に問い合わせるのが確実です。

ただし、旅行会社経由の場合でも、新幹線の乗車券や特急券だけを購入したり、旅行商品の場合でも、「ぷらっとこだま」をはじめとする、実質「交通費のみ」の商品はGotoトラベルの適用対象外です。

新幹線における割引適用の可否と割引額について

以上を踏まえ、新幹線を使った旅行をする場合、Go To トラベルキャンペーンの割引を適用できるかを表にまとめました。個人で新幹線を予約する場合と、新幹線も含めた旅行商品を予約する場合で、割引の対象が異なる点に注意が必要です。

簡単に図の説明をすると、10月1日以降、旅行会社で宿泊と新幹線がセットになったプランを申し込めば、地域共通クーポンの配布も含めて、交通費含めた旅行代金から実質50%割引となります。また、新幹線は個人で予約し、宿泊施設だけをGotoの対象となる宿を個人予約した場合は、宿泊料金が実質50%の割引となります

割引の対象となるのは「登録申請」して対象となった事業者のみ

7月22日より先行して始まったキャンペーンで、既に旅行に行かれた方も多いかと思います。しかし、宿泊業者や旅行業者がキャンペーンへの登録申請を行い、承認された事業者の商品のみが割引の対象となることに注意が必要です。

大手予約サイトから予約する場合は、予約画面からGoto適用の可否を確認できますので、予約前に必ず確認しましょう。また、個人で直接予約する場合は、予約先がGotoの対象であるかを、事前に確認しておくことが必要です。以下のサイトに一覧がありますので、参考にしてください。

参考 https://biz.goto.jata-net.or.jp/Gotoトラベル 事業者向けサイト

Go To トラベルでの還付申請方法(9/14で終了しています)

重要なお知らせ
8月31日までに終了した旅行(9月1日チェックアウト含む)について、補助金の還付申請は9月14日をもって終了しています。

旅行商品の購入および宿泊施設の予約時に、Gotoトラベルの対象となる旅行にもかかわらず、システム等の対応が間に合わずに通常料金で予約・購入した場合、事後申請を行うことで補助金相当額が還付されます。

観光庁のWebサイトには還付申請について以下のように案内されています。還付のパターンには旅行会社を通じた旅行であるか、個人で宿泊施設を手配した旅行であるかで異なるため、注意が必要です。

事業開始前に既に予約を行っていた場合など、割引価格での旅行商品の購入ができなかった旅行者の方は、一定の場合には、旅行後に、割引分を還付申請することができます。

旅行者の方による還付申請は、還付取扱要領に基づき、8月14日(金)以降に受け付けることを予定していますので、今しばらくお待ちください。

観光庁Webサイトより引用

なお、還付申請については、8月14日から受付を開始しており、9月14日までの申請期限のうちに申請する必要があります。

還付申請方法1:旅行会社で旅行手配した場合

旅行会社で旅行手配した場合は、旅行者側は利用した旅行会社に対して申請を行います。この場合、利用者としては旅行会社に申請をするだけで、実際の事務局への申請は旅行会社が行うため、旅行者側ではそれほど手間はかかりません。

還付申請方法2:個人で宿泊施設のみを手配した場合

個人で宿泊施設のみを手配した場合は、旅行者から事務局に対して還付申請を行う必要があります。様式は、段落末尾の参考リンクの先(事後還付手続きに必要な各種様式の例)より入手することができます。

いずれにしても、旅行会社で手配したものにくらべ、非常に申請の手間がかかるということが分かります。

旅行者は以下の書類を提出することにより、事務局に還付申請を行ってください。

① 還付申請書(様式第 1 号)

② 支払内訳がわかる書類(支払内訳書、支払内訳が記載された領収証等)

③ 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数が記載されているもの)

④ 個人情報の取扱いに関する同意書(様式第 2 号)

⑤ 口座確認書(旅行者用)(様式第 3 号の1) ※旅行者本人名義の口座番号であること

⑥ 前項目に掲げる書類のほか申請に係る旅行の事実を確認するために必要な書類として事務局が指定するもの

観光庁Webサイトより引用

また、8月24日現在、以下の公式サイトにおいて「オンライン申請」が可能となっています。ただし、上記の書類を電子ファイルで提出する必要がありますので、スキャン等の方法で電子データ化しなければなりません。難しい方は郵送での申請となりそうです。

参考 旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト(還付申請)観光庁 参考 Go To トラベル事業関連情報 観光庁

JR系列各社の動きについて

東海道新幹線(東京~新大阪間のJR東海エリア)について

JR東海の運営する東海道新幹線の区間では、JR東海が主導で「ひさびさ旅割引」と称して、新幹線とホテルがセットになったプランを多く発売しています。調べてみると、名古屋~東京間で新幹線とホテルがセットで13,000円台からと、普通に新幹線に乗車するよりも割安に旅行することが可能です。

ここに7月22日以降出発分は、Go To トラベルキャンペーンの特典がつくことになります。仮に15,000円のプランなら実質7,500円(地域共通クーポンの配布が開始された場合)の補助が受けられるため、実質、通常の新幹線往復の運賃+料金のおよそ3分の1程度の料金で東京まで往復でき、更にホテルまでついてくるという至れり尽くせりの状態になっています。

以下のサイトは、東海道新幹線を利用して旅行を計画している人は要チェックです。

参考 Go Toトラベル攻略 JR東海

JR東海は新幹線のみの利用に対応した「ぷらっとのぞみ」を発売

JR東海系列の旅行会社「JR東海ツアーズ」からは、10月1日より利用できる「ぷらっとのぞみ」を、9月17日から発売します。東京~名古屋間のぞみ号指定席が片道1万円で利用できるなど、通常料金と比較すると割安となっていますが、乗り遅れ等への救済は無いため、利用にあたっては注意が必要です。

Gotoキャンペーンでは、新幹線単独の商品は割引となりませんが、JR東海としては、新幹線の利用を促進したいために新幹線単独の割引を独自に用意したのでしょう。

「ぷらっとのぞみ」については、以下の記事で詳しく説明しています。

東海道新幹線に「ぷらっとのぞみ」なる割引商品が登場!しかし実態は…

山陽新幹線(新大阪~博多間のJR西日本エリア)について

公式サイトには案内がありませんが、JR西日本系列の「日本旅行」においては、7月14日以降、順次対象の商品を掲載するとのことです。

8/9時点で、特設サイトが開設されており、Goto対象となる商品が販売されています。

参考 Go To トラベル キャンペーンでお得に国内旅行 日本旅行

東北・上越・北陸新幹線等(JR東日本エリア)について

JR東日本エリアでは「びゅうトラベル」が、新幹線やJRを使ったお得なツアーを発売しています。Go To トラベルキャンペーン対象商品については、7月15日現在、準備中とのことです。

8/9時点で確認したところ、特設サイト上でGoto対象となる商品が販売されています。

参考 Go Toトラベルキャンペーン びゅうトラベル

JR東日本は「えきねっと」で新幹線単独の割引を準備

これはGo Toトラベルキャンペーンではありませんが、キャンペーンにあわせて「お先にトクだ値スペシャル」が発売されます。これは、JR東日本のネット予約「えきねっと」専用で、特定の新幹線の運賃・料金が半額になるという商品です。Gotoキャンペーンでは、新幹線単独の商品は割引となりませんが、JR東日本も新幹線単独の割引を独自に用意してくれています。

「えきねっと」で割引されたきっぷを購入するなら、以下の記事も参考にしてみてください。

「えきねっと」で東北新幹線を格安で予約するためのコツと基本知識について

2021年3月31日(水)乗車分まで発売されることが決まっていますので、この夏!と慌てなくても利用するチャンスはあるかもしれません。単純な帰省などで、ホテルなどを利用しなくてもよい人によっては、このようにインターネット予約の割引は非常にありがたいところ。

ただし、お先にトクだ値スペシャルは、以前設定された際に半額の割引は発売後すぐに売り切れ、購入するのは至難の業でした。今回も同等の数量の発売なら、購入難易度は高いものと思われます。

参考 お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき) JR東日本

「地域共通クーポン」でJRの乗車券類は購入できる?

目的地あるいは居住地への移動を目的とする移動では原則購入することはできませんが、旅行先でJRを利用する場合、JR西日本が「自由周遊きっぷ」という商品を発売するようです。これは、旅行先の近辺のみどりの窓口のみで購入でき、エリア内のJRの普通列車(快速・新快速含む)に何度でも乗車できる、エリア限定のフリーきっぷです。JR他社でも今後、追随して類似の商品が発売されるかもしれません。

参考 Go To トラベル 『地域共通クーポン』でご利用いただける「自由周遊きっぷ」の発売について JR西日本

まとめ:新幹線でGo Toトラベル!格安の恩恵を受けるなら

ここまで、新幹線におけるGo Toトラベルキャンペーンへの対応などについて見てきました。割引の条件は、旅行会社やホテル予約サイトを通じて予約することが原則で、個人手配の新幹線は割引にならないことに、十分に注意するようにしてください。

基本的には新幹線とホテルがセットになったプランがお得!

新幹線の単体での購入は基本的に割引はありませんが、新幹線とホテルとセットになった旅行商品においては、通常価格の実質3分の1程度の金額で新幹線での往復が可能で、さらにはホテル宿泊までついてくる状況になっています。

旅行商品なので、乗り遅れたり変更の自由が利かない事には注意するべきですが、上手に利用できれば、活用しない手はないでしょう。

新幹線を個人手配した場合でも宿泊だけは割引となる

新幹線に乗車する時間などが未定の場合など、新幹線は自分でインターネット予約、もしくは駅窓口で購入し、宿泊のみを旅行会社やホテル予約サイトで手配する場合、宿泊費用については割引対象となります。セットプランと比較すると、旅行総額からの割引額は小さくなりますが、直前の変更なども比較的柔軟に対応することが可能のはずです。

新幹線を個人手配した日帰り旅行は割引されない

旅行会社を通した日帰りツアーは割引の対象となる商品もありますが、単純に新幹線を個人手配した場合は割引の対象外となります。

ただし、Go To トラベルキャンペーンにあわせて発売されるJR各社の割引きっぷなどが登場することも予想されますので、新幹線の切符だけを割引価格で購入したい場合は、JR各社のWebサイトなどをチェックするようにしてみてください。

旅行へ行くなら新型コロナの感染対策を万全に!

言うまでもありませんが、旅行に行くのであれば新型コロナウィルスへの対策は当然の義務になるかと思います。新幹線を使って旅行をする予定があれば、以下の記事に「コロナ禍でのGo To」についてや、「新幹線の感染リスク」についてまとめましたので、参考にしてみてください。

「Go To トラベル」今、旅行に行っていいのか迷う理由とその結論 新型コロナ 新幹線での感染リスクを減らすためには?

2 COMMENTS

地方在住

私が知りたかったのは

「地域共通クーポン」を利用し、旅先でのJR各社やその他鉄道及びバス等の運賃支払いまたは乗車券類を購入できるか

でした。

返信する
MogiMogi

ご期待に沿えず申し訳ありません。9月30日付で、JR西日本では旅行先のエリア内で利用できるフリーきっぷを発売することを発表しています。他社も続くかもしれませんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です