2020年6月末で失効するEX予約グリーンポイントの有効期限延長について詳しく

新幹線の料金について、乗車券と特急券の基本的な仕組みと割引制度について解説。知らないと損する落とし穴も?

この記事では、新幹線料金の基本的な仕組みと、よく使われる割引制度について解説していきます。長いので、目次からお好きなところを読んで頂くことを推奨します。

新幹線の料金は高くて当たり前なのか

新幹線の料金は、その利便性からも「高くても仕方ない」と思っていませんか?
実は、運賃や料金については、意外と「割引」が効くものがあります。割引と制度を知っていると、その高い料金を、少しでも安くできるかもしれません。

また、割引制度を知らないがために、せっかく割引が受けられるパターンなのに、割引を受けられずに通常料金で購入することになってしまう。ということもあります。

ここでは、新幹線料金の基本的な仕組みと、よく使われる割引制度について解説していきます。長いので、目次からお好きなところを読んで頂くことを推奨します。

新幹線の料金のしくみ

新幹線は、「乗車券」と「特急券」という、最低でも2つの区分の料金が必要となります。また、グリーン車やグランクラスに乗車するためには、「グリーン券」が追加で必要となります。まずは、これらが何なのかについて説明をしていきます。

JR線のいわば「基本料金」である「乗車券」について

乗車券は、JR線に乗車するために必要となる「運賃」相当の金額のことです。運賃は、「営業キロ」という、運賃を計算するための「キロ数」によって細かく定められています。 ただし、同じJRであっても、東日本、東海、西日本のいわゆる「本州3社」と、北海道、四国、九州のいわゆる「三島会社」は、運賃体系が異なっています
また、これらとは別に、JRの路線は、「幹線」と「地方交通線」に分かれます。「幹線」は、東海道本線に代表されるように、「幹」となる主要路線が指定されており、「地方交通線」は、主に地方のローカル輸送に徹するための路線となっています。この2種類の路線は、これまた運賃体系が異なります。
これらを全て踏まえた上で運賃の計算は行われるため、運賃計算の方法は非常に複雑です。細かい事に関してはとても紹介しきれないので、興味があれば参考サイトを見ていただければと思います。

参考 普通運賃の計算JRおでかけネット

「乗車券」の有効期間について

乗車券の券面を見ると、○月○日から、○日間有効という記載がされているかと思います。近距離であれば、当日限り有効、となっていることもあります。

新幹線だけを利用する場合、長くても数時間の乗車となるのであまり意識することはないかもしれませんが、JRのように長大な路線網がある場合、乗り継ぎなどを考えるととても1日で行ける距離ではないことがあります。このため、乗車券には乗車キロによって、有効期間が定められています

有効期間の間は、1枚の乗車券で継続して乗車をすることができます。また、途中駅で改札を出ることができます。自動改札も通れますが、不安なら有人の改札から出入りしたほうが無難です。

乗車券の有効期間
100キロまで 1日
200キロまで 2日
以降200キロごとに+1日
参考 乗車券の有効期間JRおでかけネット

「乗車券」の途中下車について

片道の営業キロが101キロ以上の乗車券は、その経路上で、発着の区間に含まれる特定都区市内の内部など、一部の例外を除いて途中下車することができます。乗車券を持ったまま改札の外に出ることができる制度で、再度乗車する際に、引き続きその乗車券を使い続けることができます。

以下、問題なく途中下車ができるパターンと、途中下車はできるが特急券が一部無効になる場合、途中下車そのものができない場合を紹介します。

問題なく途中下車ができるパターン

乗車券の区間:東京(都区内)~名古屋(市内)
特急券の区間:東京~静岡、静岡~名古屋
途中下車駅:静岡駅
経由:東京・新幹線・名古屋

この場合は途中下車が可能です。特急券は、最終目的地が名古屋でも、静岡で分割する必要があります。
また、これは新幹線を利用するケースですが、経由が「新幹線」になっていても、在来線(東海道線)に乗車して静岡駅で途中下車することができます。

特急券を持っている場合、その特急券は一度列車から下車すれば無効です。

途中下車自体はできるが特急券が前途無効となるパターン
乗車券の区間:東京(都区内)~名古屋(市内)
特急券の区間:東京~名古屋
途中下車駅:静岡駅
経由:東京・新幹線・名古屋

この場合は途中下車が可能ですが。特急券が名古屋まで通しになっています。この場合、途中下車すると特急券は前途無効となりますので、静岡で途中下車した時点で特急券は回収され、名古屋まで新幹線で行く場合は別途静岡~名古屋間の特急券を購入する必要があります。

券面に印字された「特定都区市内」区間では、途中下車できません。

途中下車ができないパターン
乗車券の区間:東京(都区内)~名古屋(市内)
特急券の区間:東京~名古屋
最終目的地:新守山駅
途中下車駅:千種駅
経由:東京・新幹線・名古屋

この場合、千種駅で下車した時点で、乗車券が回収されます。乗車券の券面に記された特定都区市内の区間での途中下車はできませんので、千種~新守山間は、改めて乗車券を買いなおす必要があります。逆パターンも同様です。

また、後戻りすることはできません。その場合、別途後戻りする区間の乗車券が必要です。後戻りした後に、もとの乗車券で旅行を継続するなら、後戻りを開始した駅から後戻りする駅までの往復分の乗車券が必要です。

途中下車ができないパターン
乗車券の区間:東京(都区内)~大阪(市内)
特急券の区間:東京~名古屋
途中下車駅:岡崎駅
経由:東京・新幹線・名古屋

名古屋で新幹線を下車した後に、岡崎駅まで「後戻り」することはできません。よって、岡崎まで行った後に名古屋へ戻り、再度旅行を継続する場合は、名古屋~岡崎間の往復の乗車券が必要です。

長旅の場合、途中の駅で降りて観光したり、宿泊したりすることも考えられます。その場合に観光や宿泊をする予定の駅で区切って乗車券を購入する必要はなく、出発する駅から、最終的な目的地までの駅の乗車券を通しで買えば乗車券を買いなおす必要はありません。途中下車の回数に制限はありませんので、何度でも途中下車が可能です。

また、レアなケースを除いて、乗車券は通しで買ったほうが安くなります。 これは、この後説明する「遠距離逓減」と「特定区間」が関係してきます。

「往復乗車券」について

往復乗車券は、片道乗車券の2倍の有効期間・運賃となります。それ以外の効力は、片道の乗車券と変わりありません。有効期間内であれば、いつ往路に乗っても構いません。有効期間が10日あれば、9日目に往路、10日目に復路といった使い方も可能です。

ただし、往復乗車券は必ず往復が連続した日数となってしまうので、復路が有効期間からはみ出してしまうような場合には、片道ずつ購入しなければなりません。旅行先で滞在する期間が長い場合は、注意してください。

また、往復乗車券は、この後説明しますが、往復割引という制度があります。往復割引が効かない区間であれば、あえて往復で乗車券を買う必要は薄くなりますが、学割については、有効期間内で往復するのであれば、往復割引が効かない区間でも往復で購入したほうが得になるケースがあります。このあとの学割の項目で詳しく説明します。

「乗車券」に適用される割引などの一部

遠距離逓減(ていげん)
逓減(ていげん)とは、「だんだん減る」という意味の日本語です。JRの運賃でいう「遠距離逓減」とは、原則、乗車券の区間が長いほうが、1キロあたりの運賃が安くなりますよ、という意味となります。
例:通しで購入する場合と別々に購入する場合
通し購入:東京~名古屋 6380円
分割購入:東京~静岡 3410円
     静岡~名古屋 3410円
     合計 6820円
(通しで購入する場合の方が、440円安い)
特定区間運賃
さきほど、乗車券は「遠距離逓減」が効くため、原則は乗車券の区間が長くなるほうが、1キロあたりの運賃が安くなるという説明をしました。しかし、JRの路線には、私鉄との競合区間などで、「特定区間運賃」とよばれる特別に割安な区間を設定していることがあります。乗車券のルールとして、連続した区間は必ず1枚の乗車券でなくてもよく、連続した区間の乗車券を複数枚買って、それを組み合わせて乗車することも可能です。そうすると僅かではありますが、特定区間運賃を含む乗車券を組み合わせて乗車したほうが安くなるケースもあります。
例:特定区間を含む乗車券を分割する
通し購入:豊橋~大阪 4840円
分割購入:豊橋~名古屋 1340円
     名古屋~岐阜 470円
     岐阜~京都 1980円
     京都~大阪 570円
     合計 4360円
(分割で購入する場合の方が、480円安い)

上の例における特定運賃区間は以下の通りです。
名古屋-岐阜(通常590円⇒470円)
京都-大阪(通常730円⇒570円)

ただし、必ずしも特定運賃区間で分割した方が安いかといえば、そうではありません。以下の例では、先ほどと同じ豊橋~大阪間で分割を変えたパターンです。

例:特定区間で分割したほうが良いとは限らない
通し購入:豊橋~大阪 4840円
分割購入:豊橋~大高 990円
     大高~京都 2640円
     京都~大阪 570円
     合計 4200円
(分割で購入する場合の方が、640円安い)

分割の仕方によっては、先ほどより更に160円安くすることに成功しました。どこで分割したらいい感じになるかは、下の参考サイトが役に立ちます。

参考 乗車券分割プログラム乗車券分割プログラム

初心者さん

通しで買った方が良かったり、分割した方がよかったり…ややこしいね。
分割すると乗車券の枚数も増えて煩雑なので、どちらかといえば上級者向けだな。とはいえ640円違うのは結構デカい。ただ、分割するがゆえの注意もあるからこの後紹介するぞ。

駅員X

分割乗車券の注意
自動改札機を通過できないため、有人改札を通る必要があり、場合によっては説明を求められることもある。
列車が運休した場合に無賃送還を受ける場合、既に完乗した区間については無賃送還を受けられない。
例:東京⇒静岡、静岡⇒名古屋の乗車券を所持し、浜松駅から無賃送還を受けようと思ったら、静岡駅までしか送還できない。(東京⇒静岡間は既に運送契約を履行済み)
往復割引
往復割引は、乗車券が1割引きとなります。適用条件は、片道601キロ以上の区間を、同一経路で往復する場合です。往復を同時に購入する場合に限って適用され、片道ずつ購入した場合は適用されません。間違えて片道きっぷを購入した場合は、使用開始前であれば乗車変更で差額を支払い往復券にしてもらうことは可能です。
学生割引
学生割引は、乗車券が2割引きとなります。学生割引は、往復割引とセットで適用することが可能です。割引を受けるためには、学生証のほかに、学校が発行する割引証明書が必要です。この証明書は、1人当たりの年間の発行枚数が決まっていることが多いため、 できれば使用枚数を抑えたいというのが本音でしょう。
ここで豆知識。乗車券を片道ずつ買うと、学割証は2枚必要ですが、上で説明した往復乗車券を購入することで、往復で1枚で済ますこともできます。ただしこの場合は、往復乗車券の有効期間内に使用しなければならないので、長期休暇などで当分戻らない場合は、往復券を買ってはいけません。
参考 きっぷあれこれ(割引乗車券)JR東日本
障害者割引
障がい者本人や、その介護、付き添いの方は、条件はありますが乗車券に割引が効きます。
詳細は以下の参考サイトを参照してください。
参考 障害者割引制度のご案内JR東日本

新幹線など速達列車のみ必要な「特急券」について

特急券は、新幹線を含む特急列車の「速度」に対するサービスに相当する金額です。 要は、運賃(乗車券)だけでも目的地には到着できるのですが、時間を短縮するためのサービスに対する追加料金ということになります。

新幹線と在来線の特急料金の設定方法

新幹線では、区間ごとに特急料金が定められており、「三角表」とよばれる縦横軸に発着駅をとった表で、特急料金が定められています。

三角表の一例

在来線特急であれば、A特急、B特急があり、それぞれ距離によって特急料金が定められています。詳しい料金は参考サイトをご覧ください。

参考 きっぷあれこれ(A特急料金)JR東日本 参考 きっぷあれこれ(B特急料金)JR東日本

「特急券」は、指定席料金が基準

間違って理解している方も多いのですが、新幹線特急券を含む「特急料金」の基準となる金額は、自由席の金額ではなく指定席の金額となっています。よって、自由席特急券の金額は、「通常期の新幹線指定席特急料金から530円引き」という表現がされることになります。
グリーン車を利用する場合は、「通常期の指定席特急料金から530円を引きし、グリーン料金を加算」します。

自由席券に印字されていることが多い「新幹線特定特急券」とは何か?

自由席特急券の料金の原則( 通常期の新幹線指定席特急料金から530円引き )によらない料金となる自由席特急券のことで、東海道・山陽・九州新幹線では主に、以下の2点のどちらかだと思っておけばよいです。また、条件に当てはまる自由席特急券を購入する場合、必ず適用されますので、窓口で伝える必要はありません

新幹線特定特急券とは?
1.おもに隣駅間で自由席を利用する場合に発行される特急券
2.東海道・山陽新幹線で自由席を利用する場合に適用される特急券

原則、隣同士の駅を自由席で利用する場合は、三角表に定められた新幹線特急券の原則(通常期の新幹線指定席特急料金から530円引き)となる料金より安い特急券が発行されます。このため、「自由席特急券」ではなく、通常より割安であることを示す「特定特急券」として発券されます。裏を返せば、隣駅利用で指定席を利用する場合、差額は530円以上となり、自由席との差額が大きくなって割高感が大きくなりますので注意するようにしてください。

特定特急券については、以下のページでも詳しく解説しています。

東海道・山陽新幹線の「特定特急券」を利用して短距離を自由席で安く乗車する方法について

新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合の「乗継割引」とは?

新幹線と在来線の特急列車を乗り継ぐ場合に、在来線特急料金等が半額になる割引です。 出発前に乗車券及び乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時に購入する場合に限って割引になるため注意が必要です。

ただし、在来線を挟んで新幹線に乗車し、その在来線の両方が乗継割引の適用対象である場合は、どちらか金額の高い一方のみが、乗継割引の対象となります。

乗継割引の一例
三河安城⇒(新幹線)⇒名古屋⇒(特急しなの)⇒塩尻
新幹線特急料金:870円(自由席・特定特急料金)
在来線特急料金:1100円(乗継割引適用 1100円割引)

初心者さん

三河安城から新幹線を使って乗り換えれば、名古屋まで在来線で行ってそこから「しなの」に乗るより安くなるんだね…。
半額も割引になるから、使える区間なら使わない理由がないぞ。エクスプレス予約などのインターネット予約では適用できない場合があるのが盲点だ。

駅員X

初心者さん

エクスプレス予約は安くて便利だけど、新幹線だけ割引になっても、在来線の乗継割引が適用できないと損になることもあるんだね。
「えきねっと」や「e5489」では、適用できるケースもあるので、以下のサイトを参照してほしい。

駅員X

詳しい条件は以下の参考サイトをご覧ください。

参考 きっぷあれこれ(乗継割引)JR東日本

インターネット予約サイトでの適用については、以下をご覧ください。
エクスプレス予約では適用されず、「えきねっと」「e5489」については、条件付きで適用となるようです。

参考 在来線の特急に乗り継ぐ場合、「乗継割引」は適用されますか?EX予約 参考 乗り継ぐ2つの列車を申し込む場合の操作えきねっと 参考 e5489で、新幹線と在来線の特急を乗り継ぐ場合、「乗継割引」は適用されますか。JRおでかけネット

少し高級な車両や座席のオプション料金「グリーン券」について

グリーン券は、その名の通りグリーン車に乗車するために必要となります。グリーン車は「特別車両」と呼ばれる豪華な設備を持った車両ですので、速度による追加料金とは別に、「設備料金」とよばれる料金が必要となります。この設備料金にあたる部分が「グリーン券」の料金の内訳となります。

東北新幹線には、グリーン車よりさらに豪華な「グランクラス」がありますが、グランクラスもグリーン車の一種です。適用される料金は、乗車するキロ数で決まります。

グリーン料金は、区切りとなる距離(200キロまでは100キロ単位。それ以降は200キロ単位)を超えると、急激に金額が高くなるため、利用するにあたって注意が必要です。

参考 きっぷあれこれ(グリーン券)JR東日本

乗車券類の払い戻しは最終手段と心得よ

乗車券類は一度だけなら変更ができる

乗車券や特急券は、使用前かつ有効期間内(指定席の場合は列車発車時刻前)なら一度だけ、自由に区間の変更が可能です。つまり、東京(都区内)~鹿児島中央の乗車券を、東京~新橋の乗車券(120円)に変更することだって可能です。ただし、異なる券種(乗車券⇒特急券、指定席特急券⇒自由席特急券)にはできません。

手数料はかかりませんので、利用しなくなったら、いつも使う区間の乗車券に変更してしまいましょう。もちろん差額は返金してもらえます。

どうしても払い戻す場合は…

乗車券や自由席特急券など、列車が指定されていない券種の払い戻し手数料は、一律220円です、一方、指定席特急券やグリーン券などの指定席が付随する券については、2日前までに払い戻せば340円前日以降であれば、券面金額の3割もの払い戻し手数料が必要です。よって、払い戻すなら必ず2日前までに行いましょう。 前日以降の払い戻しは、特急券料金の3割もの払い戻し手数料が必要です。

乗車列車の変更は可能ですが、乗車変更の申し出が変更前列車の出発日の前日以降の場合、変更後列車の出発日の何日前であろうが、払い戻し手数料は3割となりますので注意してください。

参考 きっぷあれこれ(払い戻し)JR東日本

乗車券のルールは誰も教えてくれない

ここまで、新幹線の料金について、乗車券と特急券の基本的な仕組みとルール、割引制度について解説してきました。正直、いろいろな仕組みがあってわかりにくいのですが、乗車券の途中下車や分割など、知っていれば当たり前のようなことでも、知らなければ損をする可能性があるのがこれらの仕組みなのです。

駅員も、あえて言われなければ乗車券を分割して出したりしませんし、乗継割引でもあえて「三河安城から新幹線で名古屋まで行って乗り換えた方が安いですよ」とは言いません。お客さんが言った通りに発売するので仕方ないのですが。

まずは、自分で活用できそうなところを見つけて、少しずつ実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です