新幹線での新型コロナ感染リスクは?

一括査定による車の買取をしてみた 価格交渉のコツや限界価格の見極めについて

前回の記事にて、クルマを新しく購入することを書いたが、つまるところ古い車が不要になるということである。納車までに古い車を何とかしないことには、新しい車を納車してもらうことができない。

ここでは、実際にクルマを売却するにあたり、一括査定から実際の商談・契約まで実際にやってみたことを記事にしてみようと思う。なお、前提条件としては以下のとおりである。

  • 売却方法は「一括査定」で最も高額の会社とする
  • 事前にディーラーに「下取り額(18万円)」を確認済み

最初に目標額を決めよう

今回の目標金額は、新車購入の商談に行った際にディーラー営業マンの「頑張った」下取り額である18万円を超える20万円を目標にした。現在のクルマは修復歴があるのだが、ディーラーでは最初「8万」とかいうポンコツな下取り価格を出してきているクルマである。ところが、商談の中で「今はキャンペーンだから」とそれらしい理由で18万に増額してきた。(それを冷ややかな目で眺めていたのだが)そんなに人気のある車種ではないが、この辺りの金額が「下取り値引き」じゃなくて「現金」で返ってきたら御の字。というわけだ。

ちなみに、後から書くが目標額は絶対に決めておいたほうがいい。新車ディーラーなんて行かないという人は、以下にリンクを張ったサイトから、年式などを入れて簡単に査定してみるべき。何故なら、査定に来ている人間に価格を決める権限はなく、必ず上に連絡して金額を決定してもらう必要があるのだが、その際、相手(売り手)の目標金額を聞き出して現場と上で調整を進めるため、以下のようなサイトでだいたいの査定をしたうえで、目標金額は少し高めに伝えると効果的だろう。本当に全く知らないで任せきりにしておくと、かなり吹っ掛けられた金額で下取りされることになるだろう。ちなみに以下のサイトは一括査定ではないため粗い価格しか出ないが、同じような年式での相場を知ることができる。

参考 グーネット無料買取査定グーネット

一括査定は「とりあえずカーセンサー」で良い

クルマの一括査定を行うサイトはかなり多いが、実質「カーセンサー」に任せておけばよい。メジャーな業者はほぼ抑えてあるうえに、どこに査定をお願いするかや、メールによる連絡を指定できる点もプラスポイントだろう。逆に、なぜか検索上位に出てくる「ナビクル」は、提携業者も少ないのでやめておいたほうが無難。一括査定で高額を狙うにはいかに多くの会社と相見積もりを取れるかが重要。

売る気が無いのなら一括査定はご法度
クルマの一括査定サイトは基本的に「クルマを本気で売る人」が使う物であり、自分のクルマの今の相場を見極めるツールではない。後述するが、本気で買い取るためにガンガン電話がかかってくる。

査定申し込み前に用意しておくもの

一応これだけ用意しておいたが、どこまで見ているかは不明。最低限車検証自賠責保険証は必要だと思われる。

  • 車検証
  • 自賠責保険証書
  • 点検整備記録簿
  • リサイクル券

また、モノではないが、申し込みをすると「査定を希望する日時」は必ず聞かれので、予めいくつか希望時間を考えておくとよいだろう。ちなみに、業者からは「今からでも!」と言われるので、都合がよければそのまま査定に入ってもいいだろう。希望時間に合わないところはその場で断ればよい。一旦断ればその後しつこく電話があることもない。

電話はえげつないほどかかってくる

一括査定を申し込むと、申し込み完了のボタンを押した瞬間から誇張表現ではなく電話は着信の嵐になる。また、電話中にもひっきりなしに別の着信が来るので、30分程度は各社からの電話対応に追われることになる。少なくとも時間のある時に行うべきだろう。

すぐに査定に来てほしいなら電話を受けること

カーセンサーの査定は、メールでの連絡を希望する欄もあるが、電話に抵抗がないのであれば、電話で受けた方が話が早い。電話がかかってくるといっても、たかだか査定のアポ取りだけなので、メールだといちいち返信するのが面倒だ。今から来てほしい時などは、絶対に電話の方がよい。

ここからが本番 業者との価格交渉内容

1社目 N社

査定時間はおよそ40分程度。20代くらいの若い男性の査定員がラフな格好で時間通りに現れる。まぁ暑いしね。聞かれた内容は修復歴程度で、あとは査定員が勝手に見て終わり。

業者Nからの価格交渉方法は、最初にオークションの相場を見せられる。ほぼ値段の付かないランクの同車が羅列されており、最初は低く見せる常套手段だろう。そして、向こうも探りを入れてくる。

まぁ大体こんな感じなんっすよねぇ。

業者N

管理人

へぇー、ほとんど値が付かないようなのもあるんですね。(棒読み)
まぁクルマの状態も悪くないので、ウチとしては精いっぱい頑張るんですけどねぇ。ちなみにいくらぐらいご希望っすか?

業者N

管理人

ぶっちゃけ分からんのですよ。だいたいいくらなら買えるんですか?
んー、でもまぁ、ある程度ご希望聞かないと値段提示できないんでw

業者N

一応下調べはしているのだが、中古車なんてぶっちゃけいくらになるか分からんから君に聞いてるんだけど。まぁ、向こうから先に金額を出すと、あっけなく却下を食らう危険があると思っているのだろうが、仕方ないので「これだけあれば御の字」というディーラーの査定額+αをチラつかせてみる。

管理人

んー、言うだけならタダなので言いますが、このクルマ、ディーラーで新車購入前提の下取りで20万ついたんですよねぇ。正直、今すぐそれつけてくれるなら売りますが。
ちょwそれって要は値引き交渉の金額っすよねぇ…。新車ディーラーは余力があるからいいですけど、ウチはそれ結構厳しいですww

業者N

管理人

ああ、そうですか。では一旦価格出していただいて検討します。
いやいや~、どこの業者さんも、その場で決めないとなかなか上げづらいんッスよ。

業者N

管理人

まぁそれだと相見積もりとる意味ないんでw申し訳ないですが、査定額見させて頂いて、明日連絡するということでいいですか?
いやぁ、他社さんも正直ウチの名前出すと嫌がって、争ってこないんスけどねぇ…。あと、ヨソは後で減額してくるんで、そこ気を付けないと安くなっちゃいますよ。まぁとりあえず査定額は17万で。

業者N

初心者さん

20ならここで契約しますけど、しないですか?
ちょっと聞いてみまッス。

業者N

というやり取りがあったものの、結局3万円の差は埋まらず、撤退していった。個人的には、最後の最後で粘って20万!という展開になるかと思っていたので拍子抜けした。やはり結構限界を攻めた価格設定だったのだろうか。

2社目 R社

査定時間はおよそ30分程度。今度は30代くらいの査定員がこれもちゃんと連絡をして時間通りにやってくる。暑いのに革靴にネクタイをしていて申し訳ない気持ちになる。

ここでも最初は向こうからの価格提示はなし。また、待ってる間にアンケートを記入させられたが、査定に影響が出そうな項目はALL空白にしておいた。向こうもこちらから情報を引き出そうと必死である。とりあえず、N社にも行ったディーラー下取り価格+α作戦である。

ほかの会社さんって、どれくらい付きましたか?

業者R

管理人

んー、それは言えないのでwでもディーラー下取りであれば20万付けるって話でしたよ。
20万ですか…この後他社さん来られるんですか??

業者R

管理人

あと1社だけ来ますね。まだ電話も来てないですけどw
www今の時点で電話来ないって、どうなってるんですかねぇwいや、この場で他社さん断って頂ければ、頑張りますよ??

業者R

管理人

wwwでもまぁ、相見積もりということなんでひとまず全部見てから決めます。でも正直、遅れてきたら外しますよw

かなりしつこく食い下がって即決を求めてくるのだが、どうせもう少ししたら次の会社がやってくるのに、今更断る理由は特にない。そもそも金額も出されていないのに何をどう頑張るつもりなのか。どこかのプロ野球選手ではないが、誠意=金額である。こちらとしては少しでも高いところに売るのが使命である。

ただ、この後に来る予定のB社なのだが、査定が終わって価格交渉をR社としている時間になっても、連絡の一つもくれないので、冗談でこう言ったのだが、ほんとに来る気配がなくて焦る。R社の人はぶっちゃけ来るなって思ってるだろなぁ。

で、結局そのあとも雑談をしたりしながら探りを入れられ、こちらとしてはさっさと査定出せよと思いつつラチがあかないので。この後来る予定のB社と競わせることを思いつく。

管理人

あ、このあとB社来るんで、よかったら入札でやりませんか。もし、その時点でRさんが昨日きた会社と比較して最高価格なのであれば、この場で契約します。
了解です!絶対取りたいんで頑張らせて頂きます!

業者R

うーん、元々この会社からアポ貰った時、入札を回避したいのか「他社とは時間ズラしてね」ってわざわざ言われてこの即決攻撃なので、入札に自信ないんかと思ったらそういうわけではないのか。それなら最初から堂々と戦ってくれた方が早かった…。

と思っていると電話が鳴り、3社目が間もなく到着するという事。こりゃいよいよ真剣勝負か!

3社目 B社

B社からはこれまた20代くらいの査定員がやってきた。先客がいることに驚きながらも、事情を説明して査定開始。査定自体は20分程度で終わり。どこも見るところは似たり寄ったりであった。

(R社がいるせいもあるだろうが)淡々と査定をしてもらい、B社側からもこちらに聞きたいことは特にないのか、一通り見たら上にデータ等の報告を上げていた。

入札そして落札者の決定

そして入札を行う。

各社に伝えた情報は、ディーラー下取り+αの20万という金額。ここで勝負に乗ってくるのだろうか。ちなみに、後で諸経費を引かれると嫌なので、以下の条件を提示・徹底したうえでの入札とした。

  • 書面上の買取額ではなくこちらに振り込まれる額で入札
  • 後での減額は認めない

さて結果は…!

入札結果
  • N社:170,000円
  • R社:204,000円
  • B社:168,000円

うーん圧勝…N社には振込額で査定してもらっていないのでやや曖昧ではあるが、それでもR社の勝ちであることは明白だろう。この勝負はR社に軍配!その場でB社に断りを入れ、N社にも売却先の決定を伝えることで決着。

限界価格の見極めポイントと注意点は?

交渉カード(情報)は先に出さないこと

限界の見極めに当たって、基本的にこちらから率先して提示する情報は、修復歴など「クルマの状態」に関わる情報のみにしておくべきだ(後から修復歴が出てくるとややこしいので)。特に聞きたがるのは、他社はどの程度を提示したのかという情報だが、それに答えてしまうと、他社の金額に多少の上乗せをされて終わるだけになるので絶対に答えてはいけない。あくまでこちらから出すのは、事前に調べた金額からちょっとプラスαした金額。つまり予想される相場より少し高めの金額である。

向こうが「即決」を求めてきたら、希望価格以外での即決はしないと回答

せっかく一括査定を利用しているのに、呼んだ査定員が口を揃えて言うのが、「今決めてくれたらもっと頑張れます!」という言葉である。それだと一括査定の意味が無いので、基本的にはそれはお断りするということを伝えるべきだ。希望金額は伝えているので、その金額に達すればよいが、それ以外では「即決しない」という姿勢を見せることが重要だ。それを受けて何度も上に確認するようであれば、それなりに限界を攻めた交渉をしていると考えて間違いないだろう。

ただ、あっさり要求を呑んだ場合は要求額が少なかった可能性がある。また、相場と要求額があまりにもかけ離れている場合は、無茶な客と思われてあっさり交渉決裂で終わってしまうかもしれない。下調べはやはり重要。

契約後の「減額」はしないことを確認する

有名な買取店においては、契約後車を引き渡した後に、「再点検で異常が見つかった」などと言って、減額をすることが多く、なんと減額を防ぐ保証を、商品にしているところがある。クレームガード保証などといった名前が付いているが、基本的にこういった商品がある会社での買取は避けたほうが無難である。要は頻繁に減額になる再査定をしているということだ。

ちなみに、前の項で「クルマに関する情報は積極的に出す」と書いたが、この問題のためである。あとから修復歴などが見つかると、伝えなかった売り手に非があるとされ、減額するといった理屈である。ただ、修復歴などはクルマ査定のプロたるもの、見逃すのが悪いという意見もあるが、少なくとも自分が把握している修復歴などの情報は、隠さずに出しておいたほうが後々トラブルは少ないだろう。

もちろん、メーター改ざんや水没など、クルマの所有者が原因の問題であれば減額されてもやむを得ないと思うが、キチンとこちらから説明した内容であっても、契約欲しさに高い金額を出しておいて、後から言ってくることもあるようだ(そして、「言った言わない」の話に持ち込む)。

一番いいのは契約書にそういったことをしないと明記させるべきなのだが、実際の手続きの場ではなかなか難しい。できる対策としては、一括査定の申し込み時に、修復歴のある部分はキチンと文字で残したうえで申し込むなど、「相手に伝えた」という証拠が残っていることが最も望ましい。

複数社での同時入札も有効な手段

査定員にも当然買取のノルマがあるはず。そのため他社に取られまいと無茶な即決を要求してくるのだが、可能であれば、複数社を立ち会わせて入札制で価格を決めるのは有効だ。業者からすれば、競合相手に勝ちさえすればその場で契約をもらえるのだから、本気で欲しければ本気の価格を提示してくるだろう。業者側もこれは嫌なのか、わざわざ他社と鉢合わせないように時間をずらすように指定してくることも多い。この場合は時間が取れないとか忙しいとか言えば、同じ時間でも仕方なく来てくれるかもしれない。もし合わせられなくても、この記事のように次が来る時間まで引っ張れば入札に持ち込むことができるかもしれない。

まとめ:クルマの一括査定はディーラー下取り以上の効果あり!

ここまで書いてきたように、結論から言えばクルマ一括査定からの買取は、ディーラーに下取りに出すよりはるかに効果があるということを、身をもって体感した。ディーラーでの下取り額という金額は、新車購入にかかる様々な値引きマージンの一部を使って、下取り価格上げたように見せかけるだけであり、実際は金額程の効果はないように思う。

一方、クルマの買取サービスであれば、そういった「セコい」ものはナシにして、買取金額がそのまま自分の手もとに来る。現金が入るというのは、何よりも勝る安心感ではないだろうか。

ただし、この記事で書いたような、各社との「駆け引き」に失敗すると、その金額を最大にすることはできない。今回は3社での見積もりだったが、やはり競合相手がいるのといないのでは、査定員と話をしていてもわかるように、本気度もかなり違うように思われる。また、情報の出し方を誤らず、買取側にも安すぎず無茶過ぎない要望を出すために、事前の調べは非常に重要である。

また、各社と駆け引きをするのは、それなりに時間と労力、コミュニケーションをする必要があるので、面倒くさいと思う人もいるだろう。そういう人であれば、手間のかからないディーラー下取りもアリかもしれない。しかし、そう思わない人はぜひ、安易に下取りに出すのではなく、買取交渉に挑戦してみてほしい。私も今回初めてクルマ買取を利用したが、私でそれなりに結果が出たという事は、だいたいの場合は思った以上の結果になると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)